2016年02月22日

まさかの漢方:捻挫


「ちだぼくいっぽう」と読みます。

金曜日の夕方、うちのスタッフが負傷いたしました。
すっころんで手首を捻挫したのです。

我慢強い彼女が、しばらく立てずの状態。
ころぶ時に体をかばってついた右の手首を捻挫してしまったのです。

「い、痛い・・・・。」

すぐにサメの油を塗り、湿布をしたのですが、
みるみるうちに腫れてくるのがわかるほど。

レジをうつのも厳しい状態でした。

そこで飲んでもらったのが、
「治打撲一方(ちだぼくいっぽう)」
という漢方薬です。

この薬、「香川修庵」という日本の漢方医による、
経験方であります。

漢方では 弁証といって、
その患者さんの状態を詳しく観察するということが欠かせない、
そう言われています。

まったくその通りなのですが、
この治打撲一方に関しては、あれこれ考えず、とにかく早く飲ませることが大切。
そんな使いやすくて効果てきめんな妙薬なのでありますよ。

論より証拠。

うちのスタッフ、捻挫したのが金曜日の夕方。
土曜日は曲げると痛い程度に回復。
日曜日はウソのように痛みがなく、ほぼ完治とあいなりました。

本人いわく「もう、笑っちゃいます。」

もちろん、さっき言ったように、
漢方薬を飲むときには、体質、環境、原因などを、
慎重に考えていくべきことも多く、こんな簡単にいかない場合も多いのですが。

それでも処方がピッタリ合えば、
やはり笑っちゃうように効いたりするんです。

いや~、漢方薬って本当にスゴイですね。
  

Posted by キリンさん at 12:13Comments(0)漢方

2016年02月10日

喜ばれるプレゼント


友達に送った荷物が届いたようです。
お礼のメールをもらいました。

荷物はともかく、私の手紙をいつも喜んでくれるので嬉しい。

友達といえば、
今日のお昼に友達とランチしました。
県外に住む男性なのだけど、仕事があると寄ってくれるのです。

その時にプレゼントの話になりました。

私は見ていないのですが、
テレビの番組で、夫からのプレゼントが妻にウケない、
そういう話をしていたのだとか。

たとえば妻の誕生日に夫が心をこめてプレゼントを買って来ても、
それを見た妻は、喜ぶどころか不機嫌になってしまったり。

何故か?

それは、日頃から妻はそれとなく信号を送っているからなんだって。

誕生日にはきっと夫がプレゼントを買って来るに違いない、
でもヘンな物を選ばないように、欲しいものをにおわせるように、
行動したり話したりしているわけなのです。

にもかかわらず、それにちっとも気付かないで、
全く的の外れた品物を選ぶものだから、腹が立つんだって。

友達もまさにその通りで、
妻を喜ばせることに成功したことなし。

だけど、いつも一生懸命に考えるのだと。
何か欲しそうな物はないかと、日頃の会話にも気を付けているんだって。

それなのに、テレビでは奥様方が言いたい放題。

「あれほど気付かせるように仕向けてるのに。」

「わざわざ要らない物ばかり買ってきて。」

「結局、妻のことなんて真剣に考えないから気付かないんだ。」

「男って、独りよがりだよね~。」

それを聞きながら、彼は考えたそうな。

「どんなに思い悩んでも、結局は無駄なんだから、
 もう考えない!!自分がやりたい物をやるのだ!!!」

・・・ま、うちの夫じゃないからいいけどね。

それにしても、プレゼントって難しいですね。やれやれ。
  

Posted by キリンさん at 16:59Comments(0)王様の耳はロバの耳

2016年02月09日

胸が痛むおはなし。


東京で、大学時代の友達に会いました。
同い年です。

これくらいの年代になると、
共通の心配ごとが出てくるのです。

親のこと。

彼女のお姑さん、何年か前に亡くなられたのですが、
最後はやはり病院のお世話になったのだそうです。

寝たきりになり、会話は出来ないのだけれど、
こちらが話すと視線が動くので、
聞こえてるんだなあと思い、
お義姉さんと二人で、その日の出来事などを、
交代で話して聞かせておりました。

だけど、そこは個室ではありませんでした。

なるべく声を小さ目にと控えてはいたのだけど、
必ず文句を言う人が一人、いたのです。

「うるさいねえ、人の迷惑も考えず。」

80歳くらいの女の人で、
看護師さんの話では、身内の面会が全くない人だとのこと。

ちょっと気の毒だなあと思いました。

だけど、やはりお姑さんに声をかけることは、
やめるわけにはいきません。

だって、話をすると、どこか嬉しそうな表情に見えていたから。

その人に対して肩身の狭い思いをしつつ、
帰りがけには必ず申し訳ありませんでしたと謝りながら、
面会を続けていたある日のこと。

いつものようにお姑さんを見舞い、
うるさくしてスミマセンとぺこぺこ謝りながら、
部屋を出たとき、

いきなりその人の叫び声が聞こえたのです。

「みよこーーー!!!たけしーー!!!まなぶーーー!!!
 誰でもいいから 会いに来てーーーーー!!!!!」

それを、何度も何度も繰り返し叫んでいるのでした。

友達は言いました。

「もう、胸が痛うてな、
 みよこになったろかと思うたくらいや。」

その人の身内には身内で、きっと事情があるのでしょう。
何も知らずに誰を責めるわけにもいかないのです。

ただ、それを聞いた私も胸が痛くなった、というお話なのでした。

(※文中の名前は仮名です。)

  

Posted by キリンさん at 14:54Comments(0)王様の耳はロバの耳

2016年02月08日

銀座で迷子


お江戸は日本橋、夜の麒麟さんであります。
かっこいい。

というわけで、東京に行ってきました。
もちろん仕事ですよ。

羽田に着いた私は無事にホテルまで行けるのか?

安心してください。
二人ほど、同じホテルに泊まる人がいるのだ。
沖縄と、鹿児島から来る二人です。

いつものように羽田で待ち合わせて、連れて行ってもらったんだよ~。
ただ付いていくだけだから、楽勝なのです。

土曜の夜は懇親会があり、
日本橋で美味しいお料理をたっぷり食べました。

それから二次会で盛り上がり、
これからカラオケに行こうという話に。

そこで沖縄のメンバーが言いました。
「帰って寝るわ。みんなで楽しんできて。」

彼はとてもねむそうでした。
早寝早起きのオトコですから、よくあること。

じゃあねと別れ、タクシーでカラオケボックスにGO!!

1時間ほど歌ったら、帰ろうねということになりました。
明日はお仕事、会議なのだから。

鹿児島のメンバーに私は聞きました。

「ねえ、ホテルの名前は何だっけ?」

「えっ!!アンタ、知らんと?俺、知らんよ。」
そうでした。私がわかってることになっていたのでした。

そこで慌てない私。
こんなこともあろうかと、お部屋のカードキーを持ってきたから、それを見れば大丈夫なのだ。
用意周到ですね。

カードキーは、小さな袋に入れられています。

袋の字を読みました。

「CARD KEY]

あれ・・・・?それだけ・・・?

でも大丈夫。カードを読めばいいのだ。
袋からカードを出してみました。
ほら、書いてある。

「card key」

同じやないかーーーい!!!!!!!

いきなり大ピンチです。

こうなったら、先に帰った沖縄の人に電話で聞くしかないのです。
起きてるのか????あんなに眠そうだったのに。

眠り込んでたら、電話に出ないかも???
(迷惑かけるか否かは年頭になし)

あわてて電話した私。

「・・・・・もしも~し・・・」
とても眠そうな声で、電話にでてくれました。

「ごめ~ん、ホテルの名前がワカラン!!」

「〇〇ホテル・・・・」

あきらかに寝てたのね。スマン。しかし助かった。

東京のメンバーがタクシーを停めてくれました。

「〇〇ホテルまで。」

「え?何ホテル?住所はわかりますか?」

「じゅ、住所ですか??」

一緒にいてくれた人たちを振り返り、
「ホテルの住所はどこ!!??」

「し、知らない・・。」
だよね~。

もう一度、電話をしようか?
そんなことが出来るのか?していいのか?

すったもんだしているうちに、
待っていてくれたタクシーはどこかへ走り去りました。
あたりまえだよね。

「そうだ、検索すればいいんだ!!」
と、若いメンバーが気付いてスマホで調べてくれました。

そしてタクシーを停めると、

「すみません、このホテルわかりますか?」
と、画面を見せながら聞いてくれたのです。

「わかりますよ。」

よかったよ~~~~~~~~~~。

というわけで、
酔っぱらってる鹿児島のメンバーと一緒に、
無事にホテルに帰りついたキリンさんなのでありました。

いやいや、人生はエピソードの宝庫ですね。

翌日は、会議も無事に終わり、
美味しいお昼ご飯を食べ、満足満足と言いながら宮崎に帰りついたのでした。

さて、気分を変えて日常の仕事モードだ。
元気だして頑張ろうっと。  

Posted by キリンさん at 15:24Comments(2)王様の耳はロバの耳