2016年09月12日

カープの優勝を、心から有難く思う



金曜日に、広島風お好み焼きの「かたおか」さんに行きました。

ホンマ言うたら「広島風」という言葉は使いたくないのだが、
わかりやくすくするために、あえて使います。

広島県出身者の、内輪の集まりがあるからと、
声をかけて頂いたのです。

結果的にその日は、優勝前日ということになりました。

口を開けば「カープ」、当たり前だけど。
そして、昔話。

「カープファンですか?と聞かれても困る。
 あなたは女性ですか?と聞かれるほど当然のことだから。」

「思春期のころ、父ちゃんがウザいと思うんだけど、
 カープの試合に行こうと言われると嬉しくて、反抗する気になれなかった。
 おかげで家庭内がまとまった。」

「学生時代、カープの優勝がかかった試合があるとき、
 授業が中断されて、試合が校内放送されていた。」

「カープが優勝したとき、学校で優勝鉛筆が配られた。(ほしい)」

私が、塾の先生がカープファンで、
カープが負けるとぶち機嫌が悪かったと言うと、みんなそろって、

「あー!そういう先生、おるおるおる!!」

こんな風に盛り上がりまくっていたのですが、
実はほとんどの人と初対面だったのだ。

それでも。話がはずんではずんで、止まるところを知らないのです。

なにそれ、広島県人の自慢話?
そう思ったアナタ。

その通り!!これは自慢話なのだ!!
他人の自慢など聞きたくないと思う人は、読まんでよろしい。

たとえば、とても嫌なことがあっても、暗い気分であっても、
カープが勝ったというだけで明るい気分になれる喜び。

日本中の、いや、世界中のどこにいても、
カープが勝ったというだけで嬉しくなり、
自分が故郷とつながっていると確信できる心強さ。

もっと言えば、勝ったときだけではありません。

カープが負けたと聞けば、
「何をやっとるんじゃああ~~!!!」
という憤りがパワーを与えてくれるのですから不思議。

それもこれも、広島東洋カープという球団があればこそ。
まだ戦争の爪痕が残る時代に、苦労して球団を設立した方々に、
心から感謝したい。

カープの歴史をご存じない方、
是非とも調べてみて下さい。とても面白いですよ。

そして、きっとカープを応援したいと思うようになりますよ~。

話は最初に戻りますが、
「かたおか」さんのお好み焼きは広島の味。
とても美味しいのだ(とってつけたわけではない)。

金曜日に食べたにもかかわらず、
夕べも出前してもらって食べてしまいました。

お好み焼きなら毎日でも食べられる。
そんな広島県人な私なのでした。

ちなみに、くすりのキリン堂では、
カープ優勝セールはありません。あしからず。



Posted by キリンさん at 10:49│Comments(2)
この記事へのコメント
優勝、本当におめでとうございます。良かったですね。
私はオレンジ色チームを殆ど意味なく贔屓していましたが、今年の赤の頑張り、ぶっちぎりは素晴らしいでした。
かたおかさんところの、大きなお好み焼きもいつもより更に美味しかったことだと思います。ほぐほぐ、ハフハフさせながらの歓談が聞こえてきそうです。
日本一の時には、是非セールを開催して下さい。楽しみにしています。
Posted by どーも at 2016年09月19日 06:24
どーもさん

コメント有難うございます。
セールはありません(きっぱり)。
Posted by キリンさんキリンさん at 2016年09月19日 17:59
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
カープの優勝を、心から有難く思う
    コメント(2)