2016年08月09日

ルビーの指輪


先週、姑が亡くなりました。

それより、もうちょっと前、
昔の知り合いが亡くなったと知らせがありました。

ずっと前に「ルビーの指輪」という曲が発表されたとき、
一緒に聞いた人です。

去年のこと、共通の友人から連絡があり、
「脳腫瘍で、もう治らへんらしいよ。
 司に会いたがってるけど、来られへん?」

いや、来られへんかと言われても、
そっちは京都でんがな。

ちょっとびっくりしたけど、意外に心は動きませんでした。
そうか~、って感じ。

そして今年の3月、また友達から電話がありました。

「今日、彼の誕生日やろ。電話してやってくれへん?
 もうちょっとしたら、会話もアカンみたいやねん。
 今ならまだいけるから。」

どうしよう。
最後に会ってから、何十年もたっています。

どうしたもんじゃろのう~。

結局、かけました。

「はい、もしもし。」
電話に出た彼の声は細くてゆっくりだったけど、変わってなかった。

「もしもし、わたし。」

「わたし?どこのわたし?」

「わたしよ、わたし。」

「もしかして、九州からかけてんの?」

よくわかったね。
会いたがってるというのも、嘘ではなかったのかもしれません。

「オレな、頭の中にガンが出来て、もうすぐ死ぬんや。」

「知ってる。でも、声は元気そうやで。」

それから、とりとめのない楽しい話をしました。

「オマエに看病してほしかったな。」

「あほか。そんなややこしい病気にかかった人なんか、捨てて逃げるわ。」

あはははは、と彼は嬉しそうに笑い電話を切ったのでした。

それから3か月、友達から報せがありました。
亡くなったよと。

それでもなんだか、遠い人の遠い話のようで、
悲しいというには程遠い気持ちしかなかったのですが、
友達と会話してるときに、

「オマエに看病してほしかったって言うとったわ。」
と言うと、

「ああ、それ、レイコにも言うとったで。」

レイコというのは、私の次の彼女の名前。

はああああ~~~!!!?????

そうだった!!!
ヤツはそういう調子のいいバカ野郎だった!!
思い出した!!

その瞬間、いきなり花火が上がったかのように、
むかしのことが鮮やかに甦り、そして消えていったのでありました。

もう一度会って、昔話でもしたかったね。

その後、テレビに寺尾聡が出ていました。
ドラマに出るからかな。

そのとき、かつて一世を風靡した、あの歌が流れたのです。

「ルビーの指輪」

それを聞きながら、私は心の中で追悼したのでありました。


同じカテゴリー(王様の耳はロバの耳)の記事画像
今日の日はさようなら
黒麒麟会とは。
お誕生日、そして還暦おめでとう、私。
座右の銘
新年 酉年 年女
30歳を過ぎた大人を信用するな
同じカテゴリー(王様の耳はロバの耳)の記事
 今日の日はさようなら (2017-06-30 13:41)
 黒麒麟会とは。 (2017-03-28 12:57)
 お誕生日、そして還暦おめでとう、私。 (2017-03-07 12:15)
 座右の銘 (2017-03-01 19:28)
 新年 酉年 年女 (2017-01-03 16:32)
 30歳を過ぎた大人を信用するな (2016-12-27 16:52)

この記事へのコメント
 きりんさんへ

ルビーの指輪・…遠い昔の思い出の曲なんですねぇ~
生きてることは、前に進むこと。

思い出は、多分、死ぬ瞬間に思い返せれば・・・・・・そんなことを考えましたね。その習慣に思いだした一人が、きりんさんだった彼なんでしょうか?
Posted by トリムトリム at 2016年08月09日 20:01
トリムさん

自由な人だったので、
いろいろ思い出したでありましょう。

でも、その一人が私だったってことは
嬉しいですね。

大好きで大嫌いな人でした。
Posted by キリンさんキリンさん at 2016年08月10日 11:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ルビーの指輪
    コメント(2)