2014年05月27日

獅子身中の虫


画像は梅酵素のお湯割りです。
ご予約絶賛受付中です。

さて、私は今朝もカタバミをはじいてきました。
ここんとこ、スカスカの実が増えており、季節の終わりを実感。

まだ硬い実は数少なくなって、
もう数えられるほどしか残っていません。

それを数えているところに、息子が出てきました。
息子にも、楽しみの御裾分けをしてあげよう。

「いいこと、教えちゃる。」

「なに?」

「このカタバミの実、さわると弾けるんよ。
 気持ちええけんやってみ?(息子には何故か広島弁まじり)」

「知ってるよ。」

「えええ~~~っ!!??お母さんが教えたっけ??」

「いや、誰でも知っとるんじゃない?」

さては、急激なカタバミの実の減り方は、
オマエが弾いていたからか??

飼い犬に手を噛まれる・・・・・(違)。

ちょっと違うけど、昔のことを思い出したわ。

弟と私は全く違う性格。
お菓子をもらっても、私はすぐにムシャムシャと食べてしまうけど、
弟はチビチビ楽しむタイプです。

チビチビやってるから姉に狙われるんだけどね。

そんな姉でしたが、母にしこたま叱られたので、
さすがに弟の残りを横取りするのはやめるようになりました。

ある日、シュークリームをもらいました。

そこで私は考えた。
弟より後で食べようと。
そして、弟にみせびらかしてやるんだ、と。

「あっちで食べるけん。」
と、隣の部屋へ行き、
戸棚の横にお皿に載ったシュークリームを隠した私。

「ああ、美味しかった。」
と、早々に食べたふりして戻りました。

弟は相変わらずチビチビ食べてます。

ふふふ、今に見ておれ、食べ終わったら見せつけてやるのだ、ふふふのふ。
腹の中で、黒い笑いを渦巻かせる私。

そして弟が食べ終わったと見るやいなや、
隣の部屋へ走ったのです。

ところが、

「ない!!!!!!!????」
お皿はからっぽ。

そんな馬鹿な!!
いつもなら弟を疑うところだけど、ヤツでないことだけは明白です。

きょろきょろと見回すと、
テーブルの下で、猫が最後のクリームを舐めているところでした。

泣いたね。

母にはオマエが悪いと叱られるし。そりゃそうなんですが。

あれ?カタバミの話から何故こんな悲しい(?)思い出が甦ったのでしょう?

とりあえず、気を取り直してお仕事がんばります。



Posted by キリンさん at 11:38│Comments(2)
この記事へのコメント
なんですって。キリンさん。
カタバミの実ぃ~っ?つぶすですって~っ~ヽ(`Д´)ノ 

わたくし、庭いじりをするんですけどね。
芝生の大敵がこのカタバミなんです。
これがまた増えて繁殖して困るんですよ。
せっせ。せっせ。と種が付く前に
日々むしってると言うのに...
なんですと。
実を飛ばすですって~っ。ぶえ~ん。

(´;ω;`)

キリンさん。御願いですから
やるのはアスファルトの道ばただけで勘弁してくだちゃい。
Posted by くま子 at 2014年05月27日 13:38
くま子さん

そうそう、カタバミの繁殖力はスゴイ。
あれ?私は一役かっていたのか?

うちの駐車場脇が主な縄張りなのですが、
そう言われたら増えているような・・。

くま子さんちの近くではしないと、
ここに誓います。
Posted by キリンさんキリンさん at 2014年05月27日 16:31
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
獅子身中の虫
    コメント(2)