2012年10月18日

偶像の壊れるとき




大学時代、卓球同好会というサークルに入ってました。

当時は卓球というとメジャーなスポーツだったので、
会員数もとても多く、
一年の男子なんかは100人以上いたかもしれません。

先輩達も大勢いて、
素敵な人もそれなりな人も、色々いました。

その中で気になったのが、
4年生の某先輩。

その人は、背が高くてやせていて、
静かな人でした。

前髪が少し顏にかかった感じが、
いかにも文学青年的に見え、
とても知的。

コンパなんかでも
他のみんなが下品な歌を歌って踊り狂うのに、
ただ笑いながらゆっくり酒を飲む様も、
この人は大人だと、確信を持たせるのに十分でした。

もう寒い秋の終わりには、
黒いタートルネックのセーターにGパン、
それに長めのコートをラフに羽織って風を切るように歩く様が、
乙女心をいやがおうでも盛り上がらせるのです。

ある日のこと、
授業が終わって一人歩いていると、
向こうからその先輩が。

一歩進む度にドキドキ。

声、かけられたりして。
キャー!!!!!

デートに誘われたりして。
キャー!!!!!!

なんて、勝手に妄想を膨らませていると、
いや~、思ってみるもんだとはこのことで、
先輩はするすると私の前に歩いてくると、

「ごはん、食べた?一緒に行かへんか?」
と、誘ってくれたのですよ!!!!!!!!!!

行かいでか。

喫茶店で向き合う若い二人。
先輩がカレーを頼んだので、私もカレー。
ああ従順。(勝手に)

先輩は、片手で頬杖をついていました。

そのとき、私はあるモノを発見したのです。

先輩の黒いセーターの袖口から垂れている、
一本の白い糸を。

黒いセーターなのに、白い糸?????

先輩・・・・長袖のシャツ、着てますね。
今のように長袖のTシャツだのヒートテックだの、ない時代です。

それは、バカボンのパパが着ているような、
正統派オッサンが着る下着なのでありました。
しかも袖口がほつれて垂れているとは。

てことは、
きっとGパンの下はパッチですね・・・。
私の頭の中には、
長袖のシャツを着て白いパッチを履いた先輩の姿が。
当然ながら、シャツのすそはパッチの中。

・・・・・・冷めたね。

そこへカレーが出てきたのですが、
食べ始めたとき、
私は心の中で慟哭していました。

・・・・・口開けて食べる人なんだ・・・・・。

まさか先輩は私が心の中で、
舞い上がったり地べたに叩きつけられたりしてるとは、
夢にも思ってなかったことでしょう。

先輩には、何一つ罪はないのです。
カレーもおごってくれました。

やはりこれもまた、私の一人芝居なのでありましょう。

でも、
若い頃って、こんなこと多かったなあ。
こうやって乙女は大人になっていくのね。



同じカテゴリー(王様の耳はロバの耳)の記事画像
今日の日はさようなら
黒麒麟会とは。
お誕生日、そして還暦おめでとう、私。
座右の銘
新年 酉年 年女
30歳を過ぎた大人を信用するな
同じカテゴリー(王様の耳はロバの耳)の記事
 今日の日はさようなら (2017-06-30 13:41)
 黒麒麟会とは。 (2017-03-28 12:57)
 お誕生日、そして還暦おめでとう、私。 (2017-03-07 12:15)
 座右の銘 (2017-03-01 19:28)
 新年 酉年 年女 (2017-01-03 16:32)
 30歳を過ぎた大人を信用するな (2016-12-27 16:52)

この記事へのコメント
先輩かわいそう^^;
寒かっただけなのに。
いつもはきちんとした肌着だけど
たまたま洗濯が間に合わずにほつれたのを
着ていただけなのに・・・・。

でも、いやだー

若い時だったら覚めますよね^^

チェッカーズのフミヤはトイレに行かんだろうと
思ってましたもん 子どもの頃。
Posted by 日向庵日向庵 at 2012年10月18日 17:13
なんと、先輩に同情しますw
履いてなかったかも知れないのに・・・

乙女はメンドクサイw
ま、好きですけどw
Posted by てっちゃーんてっちゃーん at 2012年10月18日 17:13
マイナスな面が許せる、許せないの線引きって微妙。
その微妙さが大きかったりするんですよね~♪
その先輩、今はどんな感じなんでしょう・・・
Posted by にゃろ~ま at 2012年10月18日 18:18
なんちゅー勝手な妄想ww
イイじゃないですかパッチを着たって。
イイじゃないですか長袖の白い下着着たって。
先輩、どんまい!

あ、口開けて食べるってクチャラーの事?
それだったら許せませんね。
お上品に口閉じて食べないと。
僕なんか目まで閉じて食べますから。(うそ)
Posted by pia masapia masa at 2012年10月18日 18:23
日向庵さん

先輩には罪はない、よくわかってるんですが。

かっこいい人だという私の思い込みが、
一番の罪であろうかと。

人生とは罪深いものなのだ。

あ、フミヤはウン子しないよ。
(私もファン)


てっちゃーん

そうです。
乙女はめんどくさいのです。

でもオトコだって・・・・
あ、思い出した。
明日のネタにしようっと。


にゃろ~まさん

先輩とは音信不通で
近況も知りません。
ハゲてるかも。

一度堕ちた偶像には興味ないのだ。
(うう、残酷)


pia masaさん

うん、勝手だよ。
それが乙女の特権なのさ。

でも鹿児島の漢方の先生なんて、
めっちゃ寒い日にもパッチはかないのよ。
来るべき日のためにだって。
オトコたるもの、そうあるべきだ。

それにオトコだって・・・
おっと明日のネタにするのだった。

くちゃくちゃ君でした。
有り得ません。
Posted by キリンさん at 2012年10月18日 19:02
明日が楽しみ~~~~っ。(>ー<)/ )))
Posted by rue at 2012年10月18日 19:40
rueさん

あ、あまり期待しないでね。
意外とプレッシャーに弱いんで・・。
Posted by キリンさん at 2012年10月18日 23:41
100年の恋も一瞬ですよね(-_-;)

うちの旦那さんは鼻炎からくる、くちゃくちゃ君です...
嫌で嫌で仕方なかったけど、10年以上経てば慣れます。
あれ?もしかして、関心が無くなっているのかな?
それもまたコワイわぁ~(((^_^;)
Posted by 幸せうさぎ at 2012年10月19日 05:50
幸せうさぎさん

そう、一瞬ってことよくある。

慣れるのと、無関心なのと、
はたから見ると一緒なのが怖い。

ま、ぼちぼちね。
Posted by キリンさんキリンさん at 2012年10月19日 11:53
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
偶像の壊れるとき
    コメント(9)